阿蘇西原村 文化創造館 風流(カザル)

FrontPage

風流( カザル)とは?

熊本県は阿蘇、俵山の麓の湧水豊かな里、西原村にあります。
豊かな自然の中で、多目的な利用を目的とした私設の文化/交流の施設です。

貸しホール、カフェ、農園、講座、イベント、コンサート、整体、自主保育…などなどいろんな活動に取り組んでおりますが、「文化・環境」をベースにみなさんと場づくりに励みたいと考えております。

風流(カザル)の歴史

中学校教員を退職した吉岡七郎が、京都の在郷ピアニスト、ザイラー夫妻の庵(http://www.eonet.ne.jp/~kayabuki/index02/indexJ02.htm)を念頭に建物と場所の構想を練る。
その過程で、偶然水汲みに来ていた西原村で、七郎の妻(美枝)の恩師、平山先生に遭遇。
先生のご縁をいただき、風光明媚なこの場所に、2001年10月「文化創造館 風流」をオープンすることと成った。
以来、毎年この時期に記念コンサートを行っている。
現在は、息子夫婦が、ここに住みながらホールの企画運営を行っている。

風流(カザル)という名の由来

チェリストのパブロ カザルスは、あまりにも有名だが、その名を冠したホールが東京にある。→http://www.nu-casalshall.com/
この西原は、大変に風が強いことでも有名で、「風当」「風の谷」など「風」のつく地名があるほど。(最近では、風力発電の風車まで建っている)
妻の美枝が、長年ピアノの教師をやっていることもあり、この2つを組み合わせ、同時に多くの人々が行き来し交流できるように…という願いも込めて、この名が付けられた。

スペイン語…私的な公民館の意
ポルトガル語…夫婦の意

Private Public Place Kazaru

「プライベートでパブリックな場所」
一般的には、プライベート(私的)とパブリック(公的)は、分離的な意味で捉えられているケースが多いと思います。しかし、プライベートさが生かされる場所が、本来のパブリックな在り方です。そうした場所本来のあり方をKazaruにおいて探求してゆきます。

カザル スタッフ

吉岡 七郎 館長 プロフィール→カザル出版物

吉岡 潤企画部長 プロフィール→カザル出版物まぼろしのそば屋「風来房」整体院

吉岡 真起子 カフェ部長 プロフィール→天然酵母パン

カザル連絡先

文化創造館 風流 096−279−4444(tel&fax)吉岡まで
         080-3228-0905

営業時間

12時ころ〜夕方まで(不定休)
ときどき臨時休業がありますので、電話で問い合わせいただいてから来られると、間違いないかと思います。

カザルの位置・住所はメニューから/場所/のところで見てください

      文化創造館 風流(カザル)   http://kazaruhall.com
a:74656 t:10 y:14

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional