阿蘇西原村 文化創造館 風流(カザル)

カザル出版物

カザル出版物

吉岡七郎

作品集「追いかけっこ」(武蔵野書房)

「追いかけっこ」

「まじめさ」を恥じる若者世界と、「かたち」にこだわる大人社会との狭間の中で傷つきながら生きる、その少年達の生き方を描く。吉岡七郎初の小説。中学校教諭の自らの経験を小説化。1990年出版。「書評帯より」

「闇の声」

これも心の叫びです。叫びの意味を探って行く中で、自分の姿が見えてくる過程を描いたものです。現在の楽しみにしか目が行かなくなった人に、過去があって現在の自分が存在し、現在の自分の生き方が未来の自分に関わってくるのだということを、強く意識してほしいという願いからこの作品は生まれました。

小説「息子の帰省」(武蔵野書房)

現代の「父と子」との関係を「父」の視点から語る私小説。
熊日文学賞にノミネートされた作品。2003年出版。

季刊 文芸「風流」

2011年12月11日創刊!311以降の日本を問う!
2012年4月1日第一号発刊 絶賛発売中!

吉岡七郎 プロフィール
1941年、熊本市春日生まれ。1965年法政大学文学部日本文学科を卒業。 天草(有明西、本渡、宮地岳中)と熊本市(武蔵、錦ヶ丘、西原、竜南、東野)に中学校国語教諭として赴任。 1999年中学校教諭退職。その後、2001年に文化創造館 風流(カザル)を建設。 2006年、平成音大、文学の非常勤講師を勤める。阿蘇ペンクラブ編集員。

吉岡美枝

カザルピアノメソッド1~4巻(各巻千円)  吉岡 美枝

日々のレッスンの中でぶつかる数々の疑問や生徒との交流の中でこのテキストが生まれました。

第一巻  まずは耳から
音楽に最初に触れるきっかけは「聴く」ことからはじまります。
1巻では、楽譜は使わず、CDで好きな曲を選び、耳から覚えてしまいます。
知っている曲の中でも「好き」な曲は、誰でも探しながら弾くことができます。なによりモチベーションが違います。
1巻は、ピアノ導入期の教材としてつくりましたが、すでにピアノをはじめている人は、初見、即興、視唱、復習に応用できます。

第二巻  まずはイメージを
聴いた曲を、今度は自分のイメージを音で表現できるように、指の訓練、譜読み、楽典がはじまります。
イメージしやすい器楽曲が中心に編集。

第三巻  ソナタ形式
器楽曲でもっとも完成された形式の「ソナタ形式」を中心に編集。
しかし、形式は立派な入れ物にしかすぎません。
あくまでも中身を入れるのは演奏者自身です。
これまで養ってきた、「聴く力」、「イメージ力」、「テクニック」、「考える力」を駆使して演奏してゆきます。

第四巻  音の翼
前巻のソナタ形式のまとめをモーツァルト、ベートーベンのソナタから勉強します。
その後は、バロックからロマン派まで形式にとらわれない、名曲を中心に編集。時代背景と作曲者の意図が読み取りやすい曲を集めました。どうぞ、この巻で自分のイメージで音楽が表現できるように…。

CD別売各2千円(演奏はすべて吉岡菜月)
なお、各巻終了時には、好きな曲を1曲演奏し、CDに録音し、終了証をお渡しいたします。

吉岡美枝 1943年生まれ。熊大教育学部音楽科卒。中学校音楽教諭から、カワイ、ヤマハ、全音講師、スズキメソッドを経て、現在まで一貫してピアノ指導、教育にあたってきた。

詳しいお問い合わせなどは096-381-5642まで

吉岡潤

環境ぬり絵本「小さな池」
西原村に古くからある湧き水「お池さん」をモチーフに吉岡七郎の原作を絵本化。
愛地球博の環境絵本の部での入選作品。
1冊1000円。ぬり絵本になっています。

CD「レッツゴーハンニャ」

坊さまでもある本人が、ウクレレで歌う般若心経の神髄。
「正調」、「読み下し」、「意訳」の三部作で構成。
難しい般若心経も聞くだけでいつのまにか理解できるすぐれモノ。
ほかにも、びんぼう神様や水戸黄門替え歌などなど、聞くだけで楽しくほっこりした気分になる不思議なCD。
全8曲。1000円。般若心経の解説つき
you tube映像http://www.youtube.com/watch?v=ekPD9bYtHtQ

吉岡 潤 1971年天草、本渡生まれ。ミシガン州立フラッシング高校卒。信州大学美術科卒。フリーター1年。10万円で世界一周後、天草の小、中学校で2年間教職に就く。その後、1998年より出張専門の手打ちそば屋をはじめ全国行脚をはじめる。1999年曹洞宗、明徳寺にて得度。2000年にスイスへそば打ち。2001年、全国そば行脚の様子が、朝日放送テレメンタリーにて放送。気功、合気道、ウクレレを趣味に、環境、ボランティアなど幅広く活動。2008年より俵山高原果樹園を引き継ぎ、1ヘクタールの無農薬ブルーベリー農園も始める。近年、整体士としても活動をはじめる。

●ブログ そばうち道中録
http://soba.kazaruhall.com/

●フェイスブック
http://www.facebook.com/#!/jun.yoshioka.14

吉岡菜月

1974年天草、本渡生まれ。ミシガン州インターラーケン芸術高校卒。ニューヨーク、イーストマン音楽院をピアノと作曲のダブル専攻生として卒業。卒業後、帰国。ソロリサイタル、オーケストラとの共演に加え、ミュージカル、舞台音楽、室内楽などの作、編曲を数多く手がける。
既成概念にとらわれないその音楽観は、クラシックに留まらず、ジャズや邦楽など様々なジャンルとのコラボレーションを通じ、表現の場を広げ続けている。
ピアノ演奏、作曲指導者としても活躍中。
http://www.yoshihisahirano.com/files1/sc.htm

パートナーの平野義久氏は、東京にて映画音楽、テレビ番組等の作曲家として活躍中。(デスノート、NHKアニメ、ディズニーランドカウントダウンetc)
http://www.yoshihisahirano.com
''''

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional